理由を知ること

一戸建て住宅が買いやすくなる理由

一戸建て住宅は土地と建物がセットとなる建売住宅と、手持ちの土地に建築する、または土地とともに購入する注文住宅があります。 建売住宅は分譲された土地に建てられており、同じ外構の家が量産されていることから徹底したコストダウンを元に建てられた低価格住宅が多いため、非常に安い物件価格となっています。 注文住宅と比べ、自由な設計が出来ないというったデメリットはありますが、低価格とはいえ、安かろう悪かろうと言った低クオリティのものではなく、注文住宅との比較を車に例えた場合、国産車とベンツなどの高級車との関係となります。 どちらも使用するには申し分のない一戸建てといえ、大きなこだわりが無ければ建売住宅をおすすめします。

より安く建売住宅を購入するために

建売住宅は、一つの区画を分譲しており、建設業者の一つのプロジェクトとして建設が計画されているという特徴があります。 そのため、一戸建て一つ一つを建設して利益を出すよりはプロジェクト単位での利益を追求していることから、売れ残りが出ることを嫌い、売れ残った物件は急激に価格を下げて販売するケースもあります。 こうした理由から、売れ残り物件はもちろん、売りに出した初期の段階でも、契約が多いことをアピールするため、値下げ交渉がしやすいというメリットがあります。 また、売り出し初期は建築前の段階のため、現物を見ることができないというリスクがありますが、気にいった間取りの物件を早い段階で押さえることが可能というメリットもあります。 一戸建ては敷居が高いと思われがちですが、低価格住宅が増えていることや住宅ローンの低金利化などから、購入しやすい状況にあるといえます。