節約すること

仲介手数料無料物件で初期費用を節約

部屋を借りて契約する時にはさまざまな費用がかかります。敷金・礼金・前家賃・仲介手数料のほかに保険料が必要になることもあり、引越しにかかる費用なども合わせると入居時にはかなりの金額のお金が必要になります。しかし、以前は必ず必要だった礼金も最近では無料になったり、退去の際の原状回復をするための敷金の代わりに、クリーニング費用として定額を支払えばOKといった物件も存在します。さらに仲介手数料無料のキャンペーンを行なっている物件もあり、借りる側としては家賃以外に必要な金額の情報収集をすることが、お得に賃貸物件を契約をするテクニックになります。仲介手数料無料にすると、部屋を紹介してくれた不動産会社の利益がなくなるのではないかという疑問が湧いてきますが、手数料を無料にできるのにはどのようなカラクリがあるのでしょうか。賃貸契約の豆知識を交えながら確認していきましょう。

仲介手数料無料で契約が成立する理由

賃貸物件を契約する時には、その建物の所有者とその物件を紹介することで利益を得る不動産仲介業者が関わっています。通常仲介手数料は物件の借主からもらうことになっています。ところが長い期間空室だったり、リフォームなどをして建物に投資をした場合は所有者は一刻も早く入居者見つけて家賃収入を得たいわけです。そのため所有者が家賃1カ月分の仲介手数料を借主の代わりに支払ったとしても、毎月確実に家賃収入がある方が利益が大きいので、仲介手数料無料が成立します。仲介手数料無料は借主と所有者そして仲介業者にもメリットのあるキャンペーンなのです。礼金も同様で、もともと家主さんへのお礼のお金という意味合いがあるのですが、礼金を提示しているよりもそれをゼロにして早めに入室させるための工夫として、礼金ゼロのキャンペーンがあります。